<<SOURCEFORGE | PROJECT PAGE>>
FreeDOS documentation project logo
 
Edit Page - Page History - Printable View - Recent Changes - WikiHelp - SearchWiki - PageDown
C:\FdDoc\FdDocJp\SideBar
 *HOME
 *ABOUT
 *GET INVOLVED
 ** Start
 ** Write
 ** Advocacy
 *DOCUMENTATION
 ** MANIFESTO
 ** SPECS
 ** HOWTOs 
 ** MINI HOWTOs
 ** HELP
 *TRANSLATIONS  
 ** Deutsch
 ** English
 ** Español
 ** Français
 ** Italiano
 ** Japanese
 ** Nederlands
 ** Português (Br)
 ** Polish
 ** Pycckuu
 ** Swedish
 *TOOLS
 *MIRRORS
 *LINKS
 * FAQ
 * CVS
C:\FdDoc\FdDocJp\HomePage

もとの文書への注釈は、イタリック体で示されます。原文と注釈はすべてJim Hallによるものです。


Free-DOS宣言文(注釈付き)

 James Hall
 James.F.Hall @-sign uwrf.edu[いまの私の電子メールアドレスはfreedos @-sign freedos.orgです]
 1994年10月16日作成[注釈は1998年4月21日に付けました]

変更

現在sunsite.unc.eduのFTPサイトでは、/pub/micro/pc-stuff/freedosからFree-DOSをダウンロードすることができます。このことについてはfreedos @-sign sunsite.unc.eduで私と連絡をとってください。[sunsiteのFTPは今もありますが、現在FreeDOS はwww.freedos.orgに独自のドメインとWEBページを持っています。管理人の電子メールアドレスも変わっています。(approve sites)]

è«–è­°ã™ã‚‹å ´ãŒcomp.os.msdos.miscã«è¨­ã‘ã‚‰ã‚Œã¦ã„ã¾ã™ã€‚ãã“ã¯ç§ãŸã¡ã®è¨ˆç”»ã¨ç›®æ¨™ã«ã¤ã„ã¦è«–è­°ã™ã‚‹ãŸã‚ã«è¨­ã‘ã‚‰ã‚Œã¾ã—ãŸã€‚ã©ã†ãžã“ã®è©±ã—åˆã„ã«ã”è‡ªç”±ã«å‚åŠ ã•ã‚Œã¦ãã ã•ã„ã€‚[現在FreeDOS の論議の多くはFreeDOS メーリングリストで行なわれており、www.freedos.orgのWEBページから購読することができます。しかしcomp.os.msdos.miscやcomp.os.msdos.programmerのユーザの多くはFreeDOSをã(approve sites) いたいよく知っています。]

歴史

Free-DOSはPD-DOSとして1994年7月の始めごろに、もう一つのDOSの完成形として公開されました。[のちにハイフォンが削除されて、現在はFreeDOS となっています。]

意図

私は最終的に、もう一つのMS-DOSの完成形を創るグループを結成したいと思います。DOSは一般的なシステムとされており、大半のハードウェアがサポートする準備を整えています。Microsoftは永久にDOSを開発しないでしょうし、IBMやDigitalのような商業的プログラミング会社がDOSを続けることを当てにすることはできません。私は独自のDOS(以後Free-DOS)をインターネット上で開発すべきことを悟り、その形のプロジェクトが多くのサポートを得られることに気付きました。

Free-DOSはすべてのマシンのレベルで動作するのに適しているべきです。それは最低8088のプロセッサ、最小640kのメモリで動作する必要があります。可能なかぎり、圧縮したインストール容量は1.44M以下に収めるべきです。[FreeDOS 用に書かれた大量のソフトウェアがあるので、現在のインストール容量は1MBを超えています。しかしインストールプログラムはディスクから1MB以下でインストールできます。]

Free-DOSは特定のユーザ向けにすべきではありません。プログラマもプログラマでない人もこれを楽しめて活用できることがプロジェクトの目標であるべきです。

私は、80386やそれ以上のプロセッサに最適化されたバージョンのFree-DOSが配布されることに問題があるとは思いません。しかしこの問題はカーネル製作者の課題として残されています。[å®Ÿéš›ã®ã¨ã“ã‚ã€ã“ã®æ–‡ç« ã¯ä»¥ä¸‹ã«ã‚ã‚‹å£°æ˜Žã«å¤‰æ›´ã™ã‚‹ã“ã¨ãŒã§ãã¾ã™:いかなるFreeDOS プログラムでも、はっきりした形で80386やそれ以外の拡張の利点を活用することができますが、プログラム自体はXTのような低機能ハードウェアでも動作すべきです。]

計画

私はFree-DOSプロジェクトを以下の3つに分類するのが最善だと考えています:

  • ユーティリティ-おもな目的は、標準DOSユーティリティに代わる新しいものを書くことです。それはMS-DOS 3.3より上位の、現在のいかなるDOSでも動作可能であるべきです。あなたは大半のDOSユーティリティがシェルの外で動作していたことに気付いたかもしれません。これは管理と開発を容易にするためなのです。
  • ドライバ-その目標には、新しいANSI.SYSとCOUNTRY.SYSを含むDOS用デバイスドライバを書き直すことも含まれています。それはMS-DOS 3.3より上位の、現在のいかなるDOSにも載せられるべきです。
  • カーネル-おもな目的は、最低でも現在のDOSソフトのほとんどが動作する、新しいDOSカーネルを書くことです。最終的なテストは、WindowsとDoomが動作できることです。その次の目的には、制限付きであれ何らかの形のマルチタスク処理へのサポートが含まれることでしょう。

もし私が理由があってFree-DOSプロジェクトを辞めるなら、3つのグループであるユーティリティ・ドライバ・カーネルそれぞれの世話役となる人を選びます。その人にはコードを読みやすく管理し、グループの目的を一つにまとめる役目があります。たとえばユーティリティの世話役は、それぞれのユーティリティに少なくともMS-DOSコマンドライン引数が含まれているかどうかの確認や、どんな拡張が許されるかについての決定をしなければなりません。[それ以来この”リーダーシップ”ã¯æœ¬æ¥ã‚ã‚‹ã¹ãç«‹å ´ã«å¤‰æ›´ã•ã‚Œã¦ãã¾ã—ãŸ:なにがディストリビューションに含まれるか、そしてどのソフトがused vsを入手できるかは非常に多くの議論を重ねて決定されます。また、現在すべてのFreeDOSソフトは、ユーティリティやドライバやカーネルと同じように、ひとつの大きなmaintainers listによって管理されています。]

多くのDOSユーティリティがフリーウェアとしてすでに存在しており、それらの良質なものはFSFが書いています。[すでにFreeDOS ソフトの大部分が、FreeDOS の貢献者によってゼロから書かれています。]ともかく、私はユーティリティグループがまず目標に到達するものと考えています。ドライバグループがたぶんその次に終了し、カーネルグループは相対的に複雑なため最後になることでしょう。完成する段階ごとに、メジャーリリースが主要なFTPサイトから一般に利用できるようになるでしょう。

最後にひとつ:すべてのユーティリティは、管理を容易にするためC言語かDOSバッチ言語で書かれますようお願います。[この制限は無意味なものとなっています。しかしながら、一般的にFreeDOS プログラムはC言語かアセンブラで書かれるべきです。]

法律関係

Free-DOSのなかに書かれるいかなる作品も、当然バイナリとソースコードの両方が再配布されます。そのため、私たちは前置きの一部で以下のように宣言している、GNU一般公有使用許諾書(GPL)のような配布協定のもとでソフトを公開するよう、プログラマに勧めています:

The licenses for most software are designed to take away your freedom to share and change it. By contrast, the GNU General Public License is intended to guarantee your freedom to share and change free software—to make sure the software is free for all its users. This General Public License applies to most of the Free Software Foundation’s software and to any other program whose authors commit to using it. (Some other Free Software Foundation software is covered by the GNU Library General Public License instead.) You can apply it to your programs, too.

When we speak of free software, we are referring to freedom, not price. Our General Public Licenses are designed to make sure that you have the freedom to distribute copies of free software (and charge for this service if you wish), that you receive source code or can get it if you want it, that you can change the software or use pieces of it in new free programs; and that you know you can do these things.


This document was translated by Morinaga Tsuyoshi guriponn @-sign blue.interq.or.jp.


Copyright © 1994–1998 Jim Hall

Unless otherwise stated, FD-DOC HOWTO documents are copyrighted by their respective authors. FD-DOC HOWTO documents may be reproduced and distributed in whole or in part, in any medium physical or electronic, as long as this copyright notice is retained on all copies. Commercial redistribution is allowed and encouraged; however, the author would like to be notified of any such distributions.

All translations, derivative works, or aggregate works incorporating any FD-DOC HOWTO documents must be covered under this copyright notice. That is, you may not produce a derivative work from a HOWTO and impose additional restrictions on its distribution. Exceptions to these rules may be granted under certain conditions; please contact the FD-DOC HOWTO coordinator at the address given below.

In short, we wish to promote dissemination of this information through as many channels as possible. However, we do wish to retain copyright on the HOWTO documents, and would like to be notified of any plans to redistribute the HOWTOs.

If you have any questions, please contact the FD-DOC coordinator at the address mentioned in the footer of every fd-doc wiki page.

Edit Page - Page History - Printable View - Recent Changes - WikiHelp - SearchWiki - PageUp
Page last modified on October 05, 2008, at 05:35 PM
E-mail the coordinator at freedos-documentation @-sign freedos point org
This site is part of the FreeDOS Project.
SourceForge.net Logo